リリエンベルグ(新百合ヶ丘)の混雑状況は?ねらい目時間を調査

川崎市麻生区にある人気洋菓子店「リリエンベルグ」。NHKの『プロフェッショナル』やマンガ『美味しんぼ』でも紹介されたことのある、超一流店です。お店はおいしいケーキを求めるお客さんで、平日でも行列ができるほどの人気。そこでこの記事では、リリエンベルグの混雑状況や、比較的空いているねらい目、行列に並ばずに買う方法を調査。さらにおススメのケーキや通信販売、ごひいきにしている芸能人などの情報もご紹介します。

(スポンサーリンク)

目次

リリエンベルグ(新百合ヶ丘)の混雑状況とねらい目時間

川崎市麻生区にある人気洋菓子店「リリエンベルグ」。NHKの『プロフェッショナル』やマンガ『美味しんぼ』をはじめ、数々のメディアでも取り上げられていて、行列が絶えることはありません。平日の開店直後でも数名並んでいるのがいつもの風景です。

これはリリエンベルグの営業日にも関係しているのかもしれません。定休日は月曜日と火曜日。つまり平日で営業しているのは水・木・金曜日だけなのです。平日は週3日しか営業してないので、混雑するのも仕方ないですね。土日祝日だとさらに混雑し、だいたいいつも30分くらいは待つ感覚です。

そんな中で混雑を少しでも避ける方法はあるのか?駐車場の案内係の方に聞いてみたところ、「平日木曜日は比較的まし。でも16時以降は満車になることも」とのことでした。

平日木曜日に行ける方は10:00~16:00の間であれば、他の曜日に比べて比較的空いているようです。

あとはご近所の方限定にはなってしまいますが、雨の日は空いています。あたりまえかもしれませんが…土日祝でも雨が降ったら行ってみるのもいいかもしれません。

お店の方に伺うと混雑は年々増す傾向にあるとのこと。これは一度訪れた人はリピーターになり、次々と新しいお客さんも訪れている…つまりそれだけ美味しいということの証なのでしょうね!

リリエンベルグ外観

お店の外観はピンク、建物は曲線でできていて、まるでおとぎ話に出てくるお家のようです。この建物は村山雄一さんという建築家の方が設計されています。この方は埼玉県飯能市にある「あけぼの子どもの森公園 ムーミン屋敷」も設計されているそうです。どちらも遊び心いっぱい、曲線に囲まれ、生命力を感じる建築が特徴です。

リリエンベルグ入り口付近

私が訪れた日は木曜日の午後15時ごろ。並んでいる方も2~3人でほとんど待たずに入ることができましたが、建物やお庭を眺めていると時間はあっという間です。

愛嬌のある木彫りの熊

階段のところに小さな熊が。「今日はなんのケーキを買うんだい?」なんて話かけているみたいなおちゃめな表情!

リリエンベルグ入り口付近の小窓

ちょうど列から見える場所にある小窓を覗くと…

リリエンベルグ小窓から見えるケーキ工房

なんとケーキ工房が見えるのです!ワクワクしますね♪

リリエンベルグ中庭

建物と建物の間から見えるお庭もステキ。こちらは店舗の中からじっくり見ることができますが、立ち入りは禁止です。

店内は撮影禁止なので、写真はここまです。

リリエンベルグ(新百合ヶ丘)のアクセスと駐車場

リリエンベルグは新百合ヶ丘駅南口から徒歩10~15分ほど。閑静な住宅街にあります。

リリエンベルグ駐車場

車の場合、駐車場はお店に隣接した場所に2カ所計11台分あります。だいたいいつも案内係のガードマンの方がいるので誘導に従って駐車します。駐車待ちの路上待機はできないので、万一満車だった場合は周辺をぐるりと回って、戻ってくるといいと思います。

リリエンベルグ駐車場の木彫りの熊

駐車場の前でもかわいらしい木彫りの熊くんたちがお出迎え。

新百合ヶ丘駅南口のバスロータリーからバスの利用もできます。

  • 6番乗り場(グリーンタウン行・大谷行・百合ヶ丘行
  • 7番乗り場(聖マリアンナ病院行・田園調布学園行・たまプラーザ行)
  • 9番乗り場(あざみ野行)

いずれのバスでも乗車時間は5分ほど。3つ目の「山口台中央」で降りると目の前です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次