櫻井翔が退所・独立?エージェント契約拒否の理由と残留の可能性を調査

嵐の二宮和也さんが旧ジャニーズ事務所(現SMILE-UP.)を退所し、独立することが発表され、櫻井翔さんの退所・独立問題にも注目が集まっています。櫻井さんは新しく設立されるエージェント会社との契約に否定的という一部報道もあり、去就が注目されるところです。そんな櫻井さんの退所・独立と事務所残留の可能性とを調査しました。

(スポンサーリンク)

目次

櫻井翔が退所・独立の理由①報道番組で自由な発言を許されない

日本テレビ『news zero』

櫻井さんが出演している報道番組「news zero」でジャニー喜多川氏の性加害による一連の問題の第一報が報じられた際櫻井さんは画面から姿を消し、代りに有働由美子キャスターが「この件については番組で話し合って私が話します」とコメント。自身の考えなどを話す一幕があり、これで櫻井さんは批判の的となってしまいました。

その後の報道では櫻井さん自身が自分の意見を発する機会もありましたが、いずれも踏み込むことのない通り一遍のもの。またこの問題以外発覚以降、他のニュース内容にたいしても、歯切れの悪いコメントどが指摘されていました。

これに対しては、一部でジャニーズ事務所から自由に発言することを控えるように指示や圧力があったのではと言われています。

櫻井翔が退所・独立の理由②エージェント契約に後ろ向き

新事務所とのエージェント契約については嵐のメンバー5人揃って受けたと言われています。

櫻井はエージェント契約について「自由度や選択肢が増える一方で、自分自身の責任も大きくなっていくのだろうなと感じています。ポジティブな面もあると同時に新たな形ですので不安を感じるという面も今日現在は感じています」と述べ、事務所からは事前に話があったといい、「事務所で嵐のメンバー5人そろって説明を受けました」とコメントした。

スポーツ報知

これに対し、櫻井さんが新事務所とのエージェント契約には後ろ向きだという報道もありました。

その内容というのが、櫻井さんが新事務所とのエージェント契約に対し、

「まだ決められない」と契約を渋っているというもの。

また、先輩・後輩問わず「契約を控えた方がいい」と声掛けしているとも言われています。

櫻井翔が退所・独立の理由③二宮和也の退所・独立

仲間の独立

10月24日をもって事務所を退所した嵐メンバーの二宮和也さん。彼の存在も櫻井さんの判断に大きく影響すると思われます。

新会社とのエージェント契約に対する報道の際には、櫻井さん自身が番組

「事務所で嵐のメンバー5人そろって説明を受けました」とコメントした。  また、「これからどういう風にしていくのか」という問いには、「新会社と株式会社個人との契約なのか、新会社と株式会社嵐、グループとの契約なのか。あるいはその両方なのか。すべての選択肢をテーブルに乗せてじっくり考えていかないといけないなと考えている。そういった意味で密にメンバーとも連絡をとっていますので、メンバーと相談しながら考えていけたらなと思っています

スポーツ報知

と語っていますので、退所した二宮さんと足並みを揃える可能性が考えられます。

櫻井翔が退所・独立の理由④CM終了など今後の活動への影響

一連の問題で、ジャニーズ事務所所属タレントを起用していた企業のCMが終了したり、契約が解除される事態が相次ぎました。

櫻井翔さんも保険会社・アフラックのCMに長年出演してきましたが、アフラック側はジャニーズ事務所との契約を終了することを発表。櫻井さんとは事務所を介さない個人契約の可能性があると含みを持たせましたが、現在のところ、櫻井さん出演のCMは放送されていません

また、櫻井さんがCMに出演していた次の企業については
ジャニーズ事務所との契約終了また櫻井さんの起用見送りが発表されています。

  • 日本航空
  • アサヒグループホールディングス
  • 森永製菓

櫻井翔が退所・独立の理由⑤家族・子どもの存在

櫻井さんは2021年9月に一般人の女性と結婚を発表され、2023年2月には第一子が誕生しています。

子どもや家族の存在を考えると、子どもに説明するのを憚られるような問題を起こした事務所に所属し続けることには親として考えるところがあるかもしれません。

また、今後の仕事にも影響があるとなれば、子どもや家族の将来を見据え、より仕事をしやすい環境に踏み出しても不思議はありません。

櫻井翔が退所・独立の理由⑥退所しても嵐は存続できる

二宮さんの退所に際には、二宮さんが退所しても「嵐には所属し続ける」という発表がありました。

さらに、嵐というグループのファンに向けて「僕は明日からも嵐です。この先ずっと僕は嵐がある以上は嵐なので、それはもう安心していただきたいです」と脱退は明確に否定。「嵐が再開するときはメンバーとして活動する」「個人の仕事は個人で、嵐の仕事はこれまで通り嵐として選択したところで活動していきたい」とファンに約束した

Yahooニュース

これにより、櫻井さんも嵐復活を待つファンの期待を裏切ることなく事務所の去就を判断することが可能になりました。

ただ、メンバー全員が旧事務所を辞める結果になってしまった場合「嵐」の存続はどうなるのか?という疑問は残ります。

櫻井翔が退所・独立の理由⑦対応が後手の事務所に不信感

一連の問題に対する対応は、旧ジャニーズ事務所、新会社(現SMILE-UP.)ともに常に後手に回っていると言っていいでしょう。

櫻井さんも番組で、

「私自身、日々いろんなニュースを目にしますし、焦りの中にいるというか“遅いな”とか、後手後手だなというふうに感じていた」と率直な思いを口にした。

 そのうえで「社名の変更だったり、マネジメント会社を設立する。エージェント会社との分離という話も、前回の会見で批判を受けてから、今日の発表になったような印象を受けています。一方で、今日発表した案があるのであれば、もう少し早く発表できなかったのかという思いも正直あります」と事務所の反応、対応の遅さを指摘した。

スポニチアネックス

このように語っています。

櫻井翔は退所・独立しない?新事務所残留の可能性

『news zero』は来年3月の番組改編で卒業になるのではと報じられていましたが、10月23日、日本テレビは『news zero』への櫻井さんのキャスター起用を継続すると発表しました。

また翌24日には、年末恒例の大型番組『日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト』のMCも続投の方向であることが報じられています。

また、櫻井さんは2023年のラグビーW杯フランス大会において、日本代表の認知度向上などを図るアンバサダーを務めましたが、大会中に、ジャニーズ事務所の問題が世界的に報道されるようになり、海外メディアがアンバサダー起用を批判するなどの騒動が巻き起こりました。

しかしその際、ラグビー協会は桜井さんのアンバサダー続投を発表

これには一部で、櫻井翔さんの父親の影響があるのではないかと報じました。

櫻井さんの父・櫻井俊さん総務省の事務方トップである事務次官を務めた後、広告代理店大手の電通グループなどで要職を歴任。現在も広告業界にかなりの影響力を持っているのではないかと考えられているからです。

このことから、現事務所に所属したままでも、仕事への影響は最小限にとどまるため、退所はせず、残留という可能性も考えられます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次