初心者向けオージープランツ3選。オシャレ&育てやすい◎

この記事はアフェリエイト広告を利用しています。

最近話題のおしゃれな植物、「オージープランツ」を買いたくて園芸店に行ってきました!……でも種類がいっぱいありすぎてどれを買えばいいのかわからない(汗)。調べてから行けばよかったと激しく後悔しました。そこで、初心者が買う際におススメな、日本の気候でも育てやすく、お手入れもラク、さらにオシャレに見えるオージープランツを、「露地植え」「鉢植え」「どちらもOK」の条件でそれぞれ調べてみました!

(スポンサーリンク)

目次

露地植えにおススメな初心者向けオージープランツ「カリステモン」

カリステモン

まるでハケのような花をつける「カリステモン」は別名「ブラシノキ」。特に瓶を洗うブラシによく似ていることから英語では「ボトルブラッシュ」と呼ばれいます。一年を通じて葉が茂っている常緑の花木です。

5月~6月に咲く花の色は赤やピンク、白などさまざまですが、どれも お庭を異国情緒あふれる空間に演出してくれること間違いなしです。

植え付けや植え替えの適期は4月~9月と長いので、思い立ったらすぐ植えられますね。寒さや暑さに比較的強く、関東以南のエリアなら露地植えのまま越冬が可能。樹高は品種によって2~5mと幅がありますが、一般にあまり大きくならない低木として扱われていて、剪定にも強いので大きくしたくないときはマメに刈り込めばOKです。

わが家でもお店の方におススメを聞いてこちらの白い花のものをチョイスしました。根付きもとてもよく、植え付けた次の日にはつぼみが開花して、ホントに育てやすい!という印象です。

ホワホワのお花がかわいくて、これから大きく育つのが楽しみです。


鉢植えにおススメな初心者向けオージープランツ「グレビレア」

グレビレア

花火のような花をつける「グレビレア」もお庭のアクセントにぴったりです。ユニークな形をした花に見える部分は実は総苞(そうほう)と呼ばれる花を保護する部分で、中からぴょんと飛び出ているが雄しべです。

ヤマモガシ科の常緑樹ということなので花の咲く木です。品種がとても多く、開花時期、葉のカタチは品種によって異なりますが、多くは低木で成長もゆっくりとしているためお手入れは比較的ラクです。花の色は赤、ピンク、クリーム色、黄色、オレンジ、パープル、複色などがあります。開花時期が終わった後もツンツンとした葉がエキゾチックでおしゃれです。

ただ寒さには弱いため、基本的には鉢に植え、日当たりよく冷たい風の当たらない場所で越冬させます。寒冷地なら冬は室内置きがいいですね。

これも4月下旬にお店に行った際、開花している苗が置いてありました。……買えばよかったな~。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

グレビレア「ネッド・ケリー」5号ポット
価格:2,857円(税込、送料別) (2023/8/25時点)


露地・鉢どちらもOK!初心者向けオージープランツ「バンクシア」

バンクシア

露地植えでも鉢植えでも良く育つオージープランツは「バンクシア」。こちらも常緑の花木です。

まるでタワシのような花はこれぞオージープランツと言えるオシャレな見た目で存在感たっぷり。切り花やドライフラワーにしてもステキ。開花時期は夏~冬ですが、年によって不定期に咲くことがあるそうです。円筒状の花穂が立ち上がってから、時間をかけて開花するので、花を長く楽しむことができます。花が咲いていない時期もギザギザとして厚みのある葉っぱが見ごたえ充分です。

関東以南なら露地植えもOK。冬場は日当たりよく、冷たい風が当たらない場所が適しています。

これは好みやお家の事情によって、露地植えか鉢植えが選べるので、プレゼントにも喜ばれそうです。こんなオシャレな鉢植え、いただけたら正直かなり嬉しいです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バンクシア・オキシデンタリス 5号ポット
価格:2,857円(税込、送料別) (2023/8/25時点)


オージープランツって日本でも育てられる?

オージプランツの植えられた花壇

「オージープランツ」とはオーストラリア原産の植物の総称です。現在日本で流通するものは園芸業界では「ネイティブプランツ」とも呼ばれ、ニュージーランドや南アフリカなど南半球に自生する在来植物全般を指します。昔から日本でもよく知られる代表的なものに「ユーカリ」や「アカシア」などがあります。

最近日本で主に流通しているオージープランツの多くは、メルボルンやタスマニア周辺などオーストラリア南部に生息しているものが中心。このエリアは比較的日本と気候も近いので、入手しやすい種類は、基本的に日本で育てられると思ってOK。

基本的には日当たりがよく、水はけもよい環境が好まれます。寒さに弱い品種や高温多湿が苦手な品種もあるので、寒冷地や特に暑い地域で栽培する際は、品種ごとに原産地の気候を確認してみるといいですね。

神奈川県のわが家でも4月下旬に植え付けてから2週間ほどたちますが、普通の植物用の培養土で、特に知識のない夫がざっくり植え付けましたが元気に育ってくれています!

植え付け後2カ月のオージープランツ

そしてこれが植え付け後2カ月のオージープランツ。花が終わって、順調に大きくなっています。(6月27日追記)

オージプランツはどこで買える?

最近人気のオージープランツ。植木や苗を扱っているような比較的大きな園芸専門店の他、ホームセンターやネットでも入手することができます。ちなみに、専門の園芸店では若干お値段がお高く、ホームセンターはお安め、ネットでは幅広い価格帯で探すことができる、という印象です。

植物に詳しい方やガーデニングに慣れている方なら、ホームセンターやネットでお得な苗を購入するのもアリかと思いますが、ガーデニング初心者の方なら断然園芸店での購入がおすすめ。

知識豊富なお店の方が厳選した苗が、しっかり管理された状態で販売されているので、苗の質がいいのがその理由です。質がいい苗は、初心者が植えても根付きやすく、失敗しにくいです。

わが家はちょっとお高かったのですが、専門店で購入しました。でもおススメを教えてもらえたし、苗に合わせた土も一緒に買え、植えた後も順調に育ってくれているので、結果、よかったなと思います。

まとめ

私と同じように流行りものには目がないアナタ(笑)、とりあえずオシャレなオージープランツを1つ買いたい!というときは露地植えなら「カリステモン」、鉢植えなら「グレビレア」、どちらか迷ったら「バンクシア」を選んでおけば間違いない、というのが私が調べた結論です!

日本の気候でも育てやすいものが多いですが、品種によっては寒さや高温多湿が苦手なものもあり、初心者ならちょっと面倒でも専門店で買うのが安心ですね。

1株でお庭やお部屋の雰囲気をガラリとオシャレに変えてくれるオージープランツ、ぜひ挑戦してみてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次